[動サ変][文]かん・ず[サ変]
  1. 外からの刺激のために、感覚器官にある感覚を起こす。「空腹を―・ずる」「暑さを―・ずる」

  1. 心の中にある種の気持ちを持つ。「うれしく―・ずる」「必要を―・ずる」「―・ずるところがあって」

  1. 心を動かされる。感動する。「深く―・じさせる演説」「善行に―・ずる」

  1. 計測器などが反応する。「地震計に―・ずる」

  1. 病気に感染する。

    1. 「いつどんな病に―・じて、こんな風に死ぬるかもしれないと」〈鴎外・妄想〉

  1. 感心してほめたたえる。

    1. 「平家、船ばたをたたいて―・じたり」〈平家・一一〉

  1. 前世の行為の報いが現れる。

    1. 「殺生の罪は現報を―・ずるなりと知るべし」〈今昔・九・二一〉

出典:青空文庫