• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

感応道交の解説 - 学研 四字熟語辞典

仏教のことばで、信仰真心が仏に通じて利益りやくがあること。
注記
「感応」は、仏のはたらきかけと、それを感じとる人の心のはたらき。
用例
まだ見ぬ山に棲める筈の姉と弟の方からは、翁のこれほどの血の愛の合図をもってしても何の感応道交も無かった。〈岡本かの子・富士〉
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年7月