[名](スル)恥じて死ぬこと。また、死ぬほど深く恥じること。
  • 「僕が平生 (ふだん) の耳でいたら―するほどの大言壮語を」〈蘆花思出の記

出典:青空文庫