• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

軽度の頭部打撲から数週間から数か月の間に、硬膜の間に血液が溜まっていく病気。高齢者の男性に多い。外傷以外に、アルコールの多飲・動脈硬化などで発症する場合もある。血腫の増大にともなって、頭痛・体の片側の麻痺・言葉のもつれ・物忘れ・失禁などの症状が見られる。手術などにより血腫を除去すれば、一般的に予後は良好。→硬膜下血腫急性硬膜下血腫