• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

慧可断臂の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

非常に強い決意のほどを示すこと。また、切なる求道の思いを示すこと。▽「慧可」は中国南北朝時代後期の高僧で、禅宗の第二祖。「断臂」は臂ひじ(腕)を切り落とすこと。この語は後世、画題としても有名。
出典
『続高僧伝ぞくこうそうでん』一六
故事
禅宗の高僧慧可は、嵩山すうざんの少林寺にいた達磨だるまに教えを請うたが、達磨は面壁めんぺきするばかりであった。慧可はある大雪の夜、雪の中に立って自分の左臂ひじを切り落として求道の決意のほどを示し、それによって教えを授けられたという故事から。

慧可断臂の解説 - 学研 四字熟語辞典

なみはずれた決意を示すこと。なみなみならぬ求道の思いを表すこと。
注記
「慧可」は、中国南北朝時代後期の禅宗の高僧。「断臂」は、ひじ(腕)を切り落とすこと。
故事
禅宗の高僧慧可は、少林寺にいた達磨だるまの教えを乞うたが、達磨は壁に向かって座禅するばかりだったので、慧可は大雪の夜、自らの腕を切り落として、求道の思いを示した。それによって達磨は慧可の弟子入りを許可したという。
出典
『続高僧伝ぞくこうそうでん』一六

慧可断臂の解説 - 小学館 大辞泉

慧可が達磨に入門を請うが許されず、片臂 (ひじ) を切って決意を示し、許されたという故事。

キーワード[決意・決断]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。