おもんぱかること。思慮。また、計略。「遠き―なき者は必ず近き憂いあり」

出典:青空文庫