• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 慶長9年12月(1605年2月)に発生した大規模な地震。犬吠埼から九州にかけての太平洋岸で津波が発生し、多数の死者を出した。東海・南海・東南海連動型地震と考えられる。地震の規模はマグニチュード7.9。慶長地震。→連動地震

  1. 慶長元年(1596)閏7月、近畿地方を襲った大地震。京都伏見の間は特に被害が大きく、伏見城の天守閣や石垣、方広寺の大仏などが崩れ、余震は翌年4月まで続いた。慶長伏見地震。


[補説]慶長年間には各地で大規模な地震が頻発した。

慶長年間に発生した主な地震
和暦西暦名称被災地域規模被害
慶長元年閏7月9日1596年9月1日慶長豊後地震豊後M7.0大津波が来襲し別府湾沿岸で家屋がほとんど流失。死者708人。
慶長元年閏7月13日1596年9月5日慶長伏見地震畿内M7.5伏見城天守閣が大破。石垣が崩れ500余人圧死。堺で死者600余人。
慶長9年12月16日1605年2月3日慶長地震東海・南海・西海諸道M7.9津波が犬吠埼から九州まで太平洋岸に来襲。死者多数。
慶長16年8月21日1611年9月27日慶長会津地震会津M6.9若松城下などで寺社・家屋が倒壊し死者3700余人。
慶長16年10月28日1611年12月2日慶長三陸地震三陸沿岸・北海道東岸M8.1沿岸で家屋が多数流出。伊達領内で死者1783人。北海道東部でも溺死者多数。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉

[地学/地球・自然]カテゴリの言葉