• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動ハ上二]
  1. 憂える1」に同じ。

    1. 「渡らひ心(=生計ヲ立テル意志)なかりけり。父、これを―・ひつつ思ふは」〈読・雨月・蛇性の婬〉

  1. 憂える3」に同じ。

    1. 「旅の空にこの疾 (やまひ) を―・ひ給ふは」〈読・雨月・菊花の約〉

[動ハ下二]うれえる」の文語形。
[補説]は中世以降の用法。の連用形「うれえ」が「うれい」に音変化し、その結果上二段化したものと考えられる。