[名・形動]

  1. 気持ちがふさいで、晴れないこと。また、そのさま。「―な顔」「責任が重くて―になる」「―な雨空が続く」

  1. 草木が暗くなるほどに茂ること。また、そのさま。

    1. 「この樹だけは―な暗緑の葉色をあらためなかった」〈有島カインの末裔

[派生]ゆううつさ[名]

出典:gooニュース

出典:青空文庫