[動マ五(四)]

  1. よくないこと、本来あってはいけないこととして許しがたく思って嫌う。他人の言動などに強い不快の感情をいだく。憎いと思う。「不正を―・む」「戦争を―・む」「―・むべき犯罪」

  1. 自分に不利益をもたらすものとして嫌う。「恋敵を―・む」

  1. 非難する。なじる。

    1. 「人の―・むをよしと言ひ、ほむるをも悪 (あ) しと言ふ人は」〈・三一九〉

[可能]にくめる

出典:青空文庫