• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動ラ五(四)]

  1. 差し障りをおぼえてためらう。気がねする。遠慮する。「世間体を―・る」「他聞を―・る」「だれにも―・らず自由に生きる」

  1. 幅をきかす。増長する。いばる。「憎まれっ子世に―・る」

  1. いっぱいに広がる。はびこる。

    1. 「一間 (ひとま) に―・るほどの物の面 (おもて) 出で来てのぞき奉る」〈平家・五〉