• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

懐月堂安度の解説 - 小学館 大辞泉

江戸中期の浮世絵師。懐月堂派の祖。肉筆を専門とし、世に懐月堂美人といわれる、豪華な衣装をつけた一人立ちの遊女姿の美人画を多く描いた。江島生島事件に連座、一時は伊豆大島に流された。生没年未詳。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉