故郷をなつかしく思うこと。望郷。「懐郷の情にひたる」