• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

懸想文 (けそうぶみ) 2を売り歩いたこと。また、その人。赤い着物に赤い袴 (はかま) で、立烏帽子 (たてえぼし) をつけ、白い覆面をしていた。 新年》