• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 懸想の気持ちをつづった手紙。恋文。艶書 (えんしょ) 。

  1. 江戸時代、正月に、京都などで懸想文売りが売り歩いたお札。恋文に似せて縁起を祝う文が書いてある。これを買うと良縁が得られるとされた。