• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎌倉・室町時代、訴訟に際し、原告被告の双方が自説の正しいことを示す証拠として、自分の所領を賭ける旨を書いて当局に差し出した文書。懸物押書 (かけものおうしょ) 。