• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

書道の腕法の一。ひじを脇から離し、腕を宙に浮かせるようにして字を書くこと。大きな字を書くのに適する。→枕腕 (ちんわん) 提腕