• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安後期の日記を兼ねた家集。2巻。成尋の母の作。延久5年(1073)ごろ成立。成尋の入宋であとに残った老母が、子に別れた悲しみを書きつづったもの。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉