• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《原題、(スペイン)Saturno devorando a su hijoゴヤの絵画。カンバスに油彩。縦144センチ、横81センチ。ローマ神話の農耕の神サトゥルヌスが、将来、自らの子に殺されるという預言を恐れ、子供たちを食べ殺した場面を描いたもの。晩年に制作された「黒い絵」とよばれる連作の一。マドリード、プラド美術館所蔵。