• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

自分こそはと、気負ったりうぬぼれたりする。

「所につけて―・ひたる女房の」〈・三〉