• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

自分こそはという思い上がった顔つき。また、得意そうなようす。

「―にて家のうちを飾り、人に劣らじと思へる」〈・帚木〉