我武者羅の解説 - 学研 四字熟語辞典

一つの目的に向かい、血気にはやって向こう見ずになること。また、他のことはまったく無視して、ひたすらあることをすること。
注記
「我貪がむさぼり」が転化したもので、「武者羅」は、当て字。
類語
遮二無二しゃにむに

我武者羅の解説 - 小学館 大辞泉

[名・形動]後先を考えないで強引に事をなすこと。また、そのさま。「―な攻め方」「―に働く」
[派生]がむしゃらさ[名]

キーワード[実行・やる]の四字熟語

キーワード[熱心]の四字熟語

キーワード[向こう見ず]の四字熟語

出典:青空文庫