[名](スル)
  1. 軍隊と軍隊とが兵器を用いて争うこと。特に、国家が他国に対し、自己の目的を達するために武力を行使する闘争状態。国際法上は、宣戦布告により発生し、当事国間に戦時国際法が適用される。いくさ。「戦争が勃発する」「隣国と戦争する」

  1. 激しい争いや競争。「受験戦争」「交通戦争」

[補説]書名別項。→戦争
[補説] 
2014年6月に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2014」キャンペーンでの「戦争」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆平和の尊さを感じさせる最も愚かな手段。
chgnatsuさん

◆正しい者が勝つわけでもなければ、勝つ者が正しいわけでもない。
ころんさん

◆たくさんの人から明日を奪い取っていくもの。
ちょコぱふぇさん

◆人間をコマとした、権力者の将棋。
ひっちょさん

◆あらゆる技術の産みの親。多数の犠牲から新たな世界が創造されるという、皮肉ではあるが現実の存在。
J.P.Gさん

◆それによる損失は計り知れないのにも関わらず、周期的に繰り返さずにはいられない、人類特有の愚行。
VAMさん

◆死語になるのを待っている言葉。ありとあらゆる辞書からの消滅を待っている言葉。未来の子供たちに「戦争? それ、なに?」と言われるのを待っている言葉。
花見咲蔵さん

◆歴史に於ける酷い二日酔い。起きた直後は二度と繰り返さないと誓うが、いつか必ず繰り返す。
飲兵衛さん

◆ハンバーグや唐揚げが晩御飯に並んだとき、大人数の兄弟がいる場合の食卓。
Jのおまめさん

北川冬彦による詩集。「現代の芸術と批評叢書 (そうしょ) 」第12編として、昭和4年(1929)に刊行。

出典:gooニュース

出典:青空文庫