• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

芥川竜之介の小説。大正6年(1917)発表。戯作の執筆にふける曲亭馬琴 (きょくていばきん) を主人公として、作者自身の芸術至上主義の境地を示す歴史小説。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉