1. 仏・菩薩 (ぼさつ) などにより教化 (きょうけ) されること。また、教化を受ける者。⇔能化 (のうけ) 

  1. 教化すべき世界。衆生世間をいう。

  1. 師の教えを受けている、修行中の僧。弟子。また広く、寺に勤める役僧。

  1. ばけもの。

    1. 「有常も疑はしく狐狸の―かと、暫しが程こそ紛ひつれ」〈浄・井筒業平〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫