• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

戸籍は存在するのに所在を確認できない長寿高齢者が多数存在している問題。平成22年(2010)、当時東京都で最高齢の男性が30年以上前に死亡していた事件をきっかけに、全国で同様の問題が生じていることが判明した。

[補説]同年の法務省の調査によると、現住所を確認できない100歳以上の高齢者は全国で23万4354人。そのうち120歳以上が7万7118人、150歳以上884人。