• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代に行われた物合わせの一。左右の組に分かれて扇を出し合い、その趣向の優劣を判者が判定して勝負を決めた。