• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《足すなわち銭がなくなる意》落ちぶれて身一つになる。無一物になる。

「―・りての思案、何とも埒 (らち) のあかぬ世渡り」〈浮・永代蔵・五〉