• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 感心したり、思い当たったり、感情が高ぶったりしたときに両手を打ち合わせて音をたてる。「―・って大喜びする」「はたと―・つ」

  1. 話をまとめる。また、仲直りをする。「言い値で―・つ」「抗争中の両派が―・つ」

  1. 予想される事態に対して必要な処置をとる。「話がこじれる前に―・つ」