• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「てをこまねく」とも》

  1. 両手の指を胸の前で組んで敬礼する。中国で行われたあいさつの方法。

  1. 腕組みをする。手をつかねる。「―・いて思いにふける」

  1. 何もしないで傍観している。手をつかねる。腕をこまぬく。「当局も―・いていたわけではない」

    1. 「要吉は―・いて女の泣き止むのを待っていた」〈森田草平煤煙

[補説]文化庁が発表した平成20年度「国語に関する世論調査」では、「手をこまねいて待っていた」を、本来の意味とされる「何もせずに傍観している」で使う人が40.1パーセント、本来の意味ではない「準備して待ち構える」で使う人が45.6パーセントという逆転した結果が出ている。