• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. もみ手をする。懇願や謝罪をするときの動作にいう。「―・んで愛想笑いを浮かべる」

  1. 両手をすり合わせる。喜んだりくやしがったりしたときの動作にいう。

    1. 「足を踏み反り、―・み、目を大きに見暉かして」〈今昔・一七・三七〉