• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

手遣い人形の一。引き糸により、顔面の変化、五体の一部の早替わりなどのできる人形。からくりの併用で、元禄~享保(1688~1736)ごろにかけて流行し、大坂の人形遣い山本飛騨掾 (やまもとひだのじょう) が有名。