• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

手に持って道などを照らす火。たいまつ。

「神の皇子 (みこ) の出 (い) でましの―の光そここだ照りたる」〈・二三〇〉