1. 文字を書くことを習うこと。習字。

  1. けいこ。学問。「六〇の手習い」

  1. 心に浮かぶままに古歌などを書き記すこと。

    1. 「例ならぬけしきを見て、いと心憂しと思ひて前なる硯に、―をしてかく書き付く」〈宇津保・嵯峨院〉

源氏物語第53巻の巻名。薫大将、27歳から28歳。宇治川に入水 (じゅすい) した浮舟は横川僧都 (よかわのそうず) に助けられ、やがて出家。薫はそのうわさを聞き、浮舟に会おうとする。

出典:青空文庫