• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

碁・将棋で、自分の手を見せないこと。また、相手の出方を見てから自分の手をやり直すのを禁じること。待ったなし。てみせきん。

「千両の賭け―で座頭さし」〈柳多留・一九〉