• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

才子多病の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

才知にすぐれた人は、とかくからだが弱く病気がちであるということ。▽「才子」は才知のあるすぐれた人。
用例
せき富んで顔貧しく、美人薄命にして才子多病なり。<末広鉄腸・雪中梅>
類語
佳人薄命かじんはくめい 美人薄命びじんはくめい

才子多病の解説 - 学研 四字熟語辞典

能力に恵まれた人は、身体が弱く病気がちであるということ。優れた人ほど病やまいに倒れることが多いということ。

才子多病の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

才子はからだが弱く、何かというと病気になること。

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。