才色兼備の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

すぐれた才能と美しい容姿の両方をもっていること。多くは女性についていう。▽「才色」は才知・才能と顔かたちのこと。「兼備」は兼ね備えること。「色」は「しき」「そく」とも読む。
句例
才色兼備の花嫁
用例
才色兼備にして且つ善良なる人物を常に主人公となすを要せず。<坪内逍遥・小説神髄>
類語
才貌両全さいぼうりょうぜん 秀外恵中しゅうがいけいちゅう

才色兼備の解説 - 学研 四字辞典熟語

優れた才能を持ち、また容姿も美しい人のこと。
注記
女性に対する誉めことばとして一般に用いられる。「才」は、才能・学識。「色」は、容姿の美しさ・美貌。「才色」は、「さいしき」「さいそく」とも読む。

才色兼備の解説 - 小学館 大辞泉

女性がすぐれた才知と美しい顔かたちをもっていること。

[人物像を表す/容貌・外見]カテゴリの四字熟語

出典:gooニュース

キーワード[兼ね備える]の四字熟語

キーワード[人物]の四字熟語

キーワード[容姿・容貌]の四字熟語

出典:青空文庫