• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

絹などを砧 (きぬた) で打ったあとの光沢の出ぐあい。

「紅の色、―など、輝くばかりぞ見ゆる」〈・八三〉