• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動サ五(四)]

  1. 顔を物の上に伏せる。

    1. 「芳子は机の上に―・して居る」〈花袋蒲団

  1. からだを横にする。床に寝る。

    1. 「―・したところでほんの風邪とか腹下しとかで二三日すれば大概癒った」〈虚子・続俳諧師〉