• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

打成一片の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

一切のことを忘れてある事柄徹底すること。▽仏教語。禅宗で、座禅没頭すること。座禅によって実現するすべてが一体となった悟りの境地。「打」は強意助字で、「た」とも読む。
出典
『碧巌録へきがんろく
句例
打成一片に励む
類語
一行三昧いちぎょうざんまい 一心不乱いっしんふらん

打成一片の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

  1. 禅宗で、一切の執着を捨てて座禅専念し、対象と心とが平等一体になること。

  1. 他を顧みず、一つのことをつきつめていくこと。一心不乱。

    1. 「儕 (おのれ) が—にて主君謀叛を止めたらば」〈浄・河内国姥火〉

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。