• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

奈良時代、中国から伝わった遊戯。左右に分かれ、馬上あるいは徒歩で毬杖 (ぎっちょう) を持ち、紅白の毬 (まり) を互いに自分方の毬門に打ち入れることを争ったもの。平安時代の宮廷貴族の間に盛行したが中絶し、江戸時代に復活した。毬打 (まりう) ち。