1. 砧 (きぬた) で打って光沢を出した衣の意》袿 (うちき) の一種。表着 (うわぎ) の下、重ねの袿の上に着用。貴族の女性が正装のとき着用したが、のちには男子も用いた。地質は平絹または、色は紅が多い。打ち物。

  1. 衵 (あこめ) 1