切妻屋根の両端に、それぞれ棟木 (むなぎ) を受けるために合掌形に組む材。古くは上部を交差させて組んだ丸太。