• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《江戸時代、役者の間で使われた語から》承知していること。

「『あい、そんならざっとやらかしておくれ。垢はよらずといいよ』『おっと―さ』」〈滑・浮世風呂・三〉