• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 江戸初期、博多・長崎などの豪商が、船舶や積み荷を担保に、朱印船主やポルトガル人・中国人に貸し付けた金。高利を得る反面、危険を伴う投資であった。

  1. 遊興に金銭を注ぎ込むこと。また、その金銭。

    1. 「武蔵野から―して、一目も見ぬ女郎をかいつかみ」〈浮・敗毒散・一〉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉