• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 茶道の七事式の花月などで用いる札入れ。檀紙 (だんし) ・奉書などで折ったもの。

  1. 紙を折っていろいろな物の形を作ること。

    1. 「ある時は―をあそばし」〈浮・一代男・一〉

[生活/その他]カテゴリの言葉