• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 《「桂 (かつら) を折る」「桂林 (けいりん) の一枝 (いっし) 」などの故事から》昔、中国で、科挙に合格すること。以降は、進士の試験に首席で合格すること。

  1. 日本の律令制で、官吏登用試験の策試に合格すること。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉