• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

折檻諫言の解説 - 学研 四字熟語辞典

仕えている主君に対して、臣下が、厳しく諫いさめること。
注記
「折檻」は本来は、手すりや欄干らんかんが折れて壊れること。「諫言」は、目上の人を諫めることば。
故事
中国前漢ぜんかんの時代、朱雲しゅうんは、成帝せいていに奸臣かんしんを斬るように厳しく諫言したが、成帝は聞き入れず、朱雲を連れ去らせようとしたところ、朱雲が手すりにつかまったため、手すりが折れてしまったという。
出典
『漢書かんじょ』朱雲しゅうん
goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。