• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

折花攀柳の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

遊女の働く花柳街で、彼女たちと遊ぶこと。▽「折花」は花を手折ること、「攀柳」は柳の枝を引く意。昔、遊び女のいた花柳街には多くの柳が植えられていたことから、これを柳巷花街りゅうこうかがいといい、そこで遊ぶ意に用いられた語。
句例
折花攀柳の遊び
用例
この甲府の町の小屋を打ってまだ日の浅いうちに、先生が安価な折花攀柳をやったのは、あらそい難い事実であると見えまして、<吉川英治・江戸三国志>

折花攀柳の解説 - 学研 四字辞典熟語

遊女や芸者と風流に遊ぶこと。花を手折たおって、柳の枝に登るという意から。
注記
昔の色街は、多くの花や柳の木が植えられていたことから、「柳巷花街りゅうこうかがい」と呼ばれた。「花はなを折り、柳やなぎを攀く」と読み下す。

折花攀柳の解説 - 小学館 大辞泉

《花を折り柳によじのぼる意から》花柳界で遊ぶこと。

キーワード[夜遊び]の四字熟語