• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代、相撲 (すまい) の節 (せち) の翌日、前日特に成績のよかった者を選抜してさらに取組をさせたこと。また、それに選ばれた者。抜き取り。